読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体外受精 妊活日記☆33歳転勤族妻☆東京・大阪

体外受精(顕微受精)で妊活中の33歳転勤族妻の妊活日記☆東京・大阪

【流産体験談】流産決定までの経緯

2回目の胚移植

4週3日で妊娠判定陽性

5週3日で胎嚢確認。

しかし

6週になっても胎芽や心拍の確認できず

7週0日で流産確定となりました。

 

 f:id:summer_tkhs:20170508213117j:image

 

 

7週0日の診察は中岡院長でした。

ドキドキの超音波。

 

 

「うーん、

袋(胎嚢)の中に

赤ちゃんが見えないですね・・・。

心拍もない。

袋の大きさが14.7mm。

4日前の13.4mmから

あまり成長していないので、

今回は育っていない

ということになりますね・・・」

 

 

「あぁ、そうですか・・・。」

 

 

先週の6週4日の診察から

なんか雲行きが怪しかったから

 

 

あぁ、やっぱり、って感じで

その場で泣くとか取り乱すとかはなく

 

 

超音波が終わった後

診察室では質問をたくさんしました。

 

 

「次の胚移植はいつできますか」

最低2回の生理の後。

私の場合は12月21日に流産手術だから

次回は3月でしょう、と言われました。

(実際は、子宮内膜がなかなか厚くならず

4月1日でした)

 

「手術しないと自然に出てくるんですか」

出てくるが、痛みと出血を伴う。

手術したら染色体検査できるけど

自然に出したら、できない。

 

「自然に出てくると痛いって

聞いたことあるんですけど」

同上。

 

「手術って痛いんですか」(←痛みに弱い)

全身麻酔なので、手術中の痛みはありません。

 

「手術はどれくらい時間かかりますか」

手術自体は15分程度で終わります。

 

「手術後の生活ってどうなりますか」

通常通りで大丈夫。

(っていわれたけど

しばらく出血が続いたし

温泉とか運動とかはできない感じでした)

 

「流産の原因はなんですか」

12週までの流産は

受精卵に原因があることがほとんど。

染色体検査で受精卵の異常の有無が分かる。

もし受精卵に異常が無かった場合は

母体の不育症の検査をする。

 

「実家は東京なんですけど、

年末年始に東京行くとかは大丈夫ですか」

まったく問題ない。

 

 

 

膣座薬のルテウムを処方しようとするから

「まだ使わなきゃだめですか。。。」

と言ったら、

「しんどい?じゃあ、やめておきましょう」

って。

 

 

え、不要な薬を処方しようとしたの??

とか頭をよぎったけど、

この際もういいや。

 

 

先生も看護師さんも

気を遣ってる感じではあるけど、

流産手術のスケジュールは

やや強引だったな。

 

 

年末に

機器のメンテナンスをするため

最終診察日が12月22日。

 

 

流産と言われたのが19日。

21日に手術、

22日に診察・消毒と話されました。

 

 

流産かどうか

もうちょっと経過を見るとか

他の時期だったらあったのかもしれない。

 

 

クリニックの事情も分かるし

クリニックも

「なんでこのタイミングでッ」とか

思ってるだろーな。

 

 

年末年始に何かあったら

それはそれで大変だから

ほとんど望みがないのに

そのリスクを背負って過ごすのも嫌だし

素直に先生が出したスケジュールに

従いました。

 

 

っていうか

「まだ生きてるかも」

「次の時は心拍確認できるかも」とか

思わなかったし。

これは本能的にというか。

 

f:id:summer_tkhs:20170508214158j:image

 

 

あと

体内に、生きていない生命体が存在する

というのは

 

 

いくら自分由来のものでも

気持ちのいいものではなく

すーっとお腹の中が冷えていくような

そんな感覚もあったので

早めに出した方が良かった。

 

 

夫にはラインで報告し

手術の日程、染色体検査のこと

実家には報告しないことなどを伝えました。

(妊娠報告もしていなかった)

 

 

「色々とおつかれさま」

とか返ってきたけど

夫も夫でショックだったと思う。

 

 

家に帰っても

きっと色々やる気にならないだろうな

と思ったので

 

 

デパートで

うな重を早めの夕食に食べて

(妊婦はレチノール豊富な鰻は

あまり食べない方がいいって聞いてから

大好物なのに食べないでいた)

 

 

f:id:summer_tkhs:20170508214251j:image

 

 

たまたまやってた

ワコールの催事で

元気が出そうな

鮮やかイエローの下着を買って帰りました。

 

 

手術が急に決まったから

とりあえず

やっておきたかった仕事を

3時間くらいやって

(やっぱこういう時は

集中しなければいけないことがあった方が

救われるな)

 

 

忘年会で酔って帰ってきた夫を

冷たくあしらい

 

 

お風呂でシクシク泣いて

 

 

ベッドでもシクシクしつつ

 

 

それでも疲れたのか

気づいたら寝てました。

 

 

夫は

忘年会帰りに缶ビールを買ってきて

飲んでソファーで寝てました。

 

 

よくソファーで朝まで寝ちゃう人だから

どういうつもりかは分からないけど

 

 

(妻を気遣って

早く帰ってくるとかしないワケ?!

まぁ、居たって何も変わらないから

別にいいけど)

 

 

ショックで焼け酒なんだと

解釈しておきました。