体外受精 妊活日記☆33歳プレママ☆東京・大阪

体外受精(顕微受精)で2017年12月出産予定☆33歳転勤族妻の妊活日記@東京・大阪

体外受精へステップアップ②採卵までのあれこれ(ロング法)

IVFなんばクリニックでの体外受精

 

東京でのクリニックで

一通りの検査をしているので

I-SWAT

(女性の血清の中を

精子がどれだけ泳ぎ上がれるか。)

などの追加検査のみ受けました。

↑東京では実施しなかった検査。

ってかこんな検査があるんだ・・

 

色々あった

採卵までのスケジュール

なんかを書いておこうと思います。

 

f:id:summer_tkhs:20161205230649j:image

 

私の場合は、風疹の抗体がなかったので

(4年くらい前に打ってるんだけどな)

初診時にワクチンを強く勧められました。

 

風疹のワクチンを打つと2か月間避妊だし

東京のクリニックでは

「そんなに流行っていないから

打つ・打たないは自由。」

というスタンスだったので

風疹の抗体が無いのを知って

人工授精をしていました。

 

でも転院して初診時担当だった

IVFなんばの森本理事長先生いわく

『抗体がないなら、打って!!

ニュースになっていないだけで

毎年、風疹が原因で

障がいのある赤ちゃんたちが

生まれているよ。

妊娠期間中、人混みに行けなくなるよ。

いいの?』

 

・・・

はい、打ちます。

 

ということで、5月に風疹ワクチンを打ち

2か月の避妊期間に入りました。

 

で、その後の

採卵前のスケジュール

(ロング法です。)

 

体外受精インフォームドコンセント(説明会)

夫婦・カップルでの出席が必須。

これを受けないと体外受精はできません。

だいたい、月に2回、土日に開催しています。

人数制限があるので、早めに予約しないと

次回の説明会に回されてしまいます。

実際、

私は6月上旬に予約電話したけど

空いていなくて

7月の説明会に参加しました。

 

②採卵スケジュール決定

インフォームドコンセントの説明会も聞いて

諸々の条件が整ったから

はい、採卵というわけではありません。

 

採卵のスケジュール決めの診察をして

スケジュールが決定したのが7月。

この月は『準備周期』『前周期』

と呼ばれます。

 

準備周期の生理が終わったら

翌月の本周期に向けて

薬の服用や通院が始まります。

 

採卵にあたり

・自然周期法

・ホルモン拡充周期法

があり

 

ホルモン拡充周期法の中でも

・・ロング法

・・ショート法

・・ウルトラショート法

・・アンタゴニスタ法

があります。

 

自然周期法は薬などを使わず

1つの卵子を採卵する方法。

(他ブログでは、

子宮などにご病気があったり

ホルモンの関係で薬の服用ができない、

などの方で

自然周期法で妊娠された方がいました。)

 

ホルモン拡充周期法

複数の薬を使い

(飲み薬・注射・点鼻薬など

バラエティー豊か^^;)

本来、1周期で卵子は1つ育つところを

複数の成熟卵子をつくり

できるだけ多く採卵するという方法。

ロングとかショートとか

それぞれの方法の違いは

薬の種類や服用期間の違い。

人によって

方法が合う・合わないなどもあるみたいです。

 

私はロング法でした

(クリニックの判断で決まります)。

 

f:id:summer_tkhs:20161205230945j:image

 

③本番周期中の薬・通院(ロング法)

(■はクリニックに通院。)

(○は自宅でやること。)

 

■スケジュール決定

○ソフィアA内服開始

○スプレキュア(点鼻薬)開始

 

**生理開始**

 

■生理3日目超音波検査と採血

○生理開始3日目から排卵誘発剤注射開始

(人によるけど約8日間・毎日注射)

■生理開始6日目、採血などでホルモン値チェック

■生理開始9日目、採血などでホルモン値チェック

■生理開始12日目、最終チェック

○生理開始12日目、指定時刻にHCG自己注射

 

■**生理開始14日目 採卵**

 

↑↑↑↑↑

実際の私のスケジュール。

体外受精において

この本番周期が

最も頻繁にクリニックに通います。

 

生理が来たら、すぐ電話連絡して

まず生理3日目(2日目でもOK)に行って、

ホルモン値チェックに3回行って、

合計、私は採卵までに4回行ってます。

 

2週間で4回。多いですよね。

しかも

「明日来てください」

「2日後に来てください」

スケジュールは空けておくのが当然

みたいな感じ^^;

はい、か YESしか答えはありません的で

自分のホルモン値に翻弄される期間です。

 

これでも自己注射(所定の講習を受ける)

だから通院回数は少ない方。

クリニックで注射を打つ人は

8日間くらい毎日通うってことです。

 

ここを乗り越えて

無事採卵、受精卵までできれば

スケジュール的にはだいぶ落ち着きます。

 

 

けっこう長くなっちゃったので

薬とか費用とかについては

また書きます。