体外受精 妊活日記☆33歳転勤族妻☆東京・大阪

体外受精(顕微受精)で妊活中の33歳転勤族妻の妊活日記☆東京・大阪

体外受精へステップアップ①IVFなんばクリニックへ

2016年4月

夫の転勤により大阪に引っ越し。

 

 

東京のクリニックで引っ越し間際にした

2回目の人工授精が失敗と分かった生理1日目

電話でIVF大阪クリニックに初診予約の電話しました。

 

 

なかなか混んでいるようで

予約できる最短の日が

私の次回の排卵日以降だったので

(1回のチャンスも逃したくない)

今度はIVFなんばに電話。

こちらでは、すんなり初診予約できました。

 

 

初診でなんば院に行くと

そのまま、なんばに通ってもらうことになります

とのことでした。

 

 

梅田とか大阪の方が近いんだけど

まぁ、通えない距離じゃないし、いいか。

 

f:id:summer_tkhs:20161202215618p:image

 ↑理事長・院長はじめ、ポーズが決まってる(笑)

 

こちらのクリニックを選んだ理由などは

また書きます。

 

 

初診は4月21日木曜日

東京の杉山産婦人科での検査結果、

紹介状、初診時の書類、戸籍謄本などを揃えて

真っ白い胡蝶蘭が目立つ広い受付で提出。

 

広〜いロビーや待合室、喫茶などを

歩きながら受付の方に案内してもらい、診察。

 

 

初診は理事長の森本先生でした。

今までの検査結果、人工授精2回などを踏まえて

先生

「これじゃぁ、人工授精では厳しいねぇ。」

(関西弁)

 

 

え、杉山産婦人科では

人工授精でもイケるって言われて

トライしてたんだけど(>_<)

 

 

先生

「精液検査の結果を見ると

半分は動いてなくて、

残りの半分も使いモノにならないって

ことだからねぇ。」

(関西弁)

 

 

関西弁に慣れてない中で

なかなかバッサリ言われちゃいましたが

まぁ、のらりくらり説明されるより

スッキリしてていいわ。

はっきり言ってくれてありがとうって感じでした。

 

 

・・・

後で知ったのですが

IVFって、体外受精のこと。

 

 

ここのクリニックに通うってことは

体外受精ありきで診察するのかな?と

思っちゃったけど

口コミによると

人工授精が必要と診断され

紹介先の他医院での人工授精で

妊娠した方もいるみたい。

IVFなんばでは人工授精はしていません)

 

 

私の

IVFなんばクリニックへの通院生活は

こんな感じで始まりました。

 

 

今後、体外受精に関する体験談を

書いていこうと思います。