体外受精 妊活日記☆33歳転勤族妻☆東京・大阪

体外受精(顕微受精)で妊活中の33歳転勤族妻の妊活日記☆東京・大阪

はじめまして

☆1983年生まれ・33歳転勤族妻(東京→大阪)の妊活日記です☆

備忘録として&私も数多くの妊活ブログで勉強させてもらっているので

できるだけ詳細に、分かりやすく記してまいります。

 

f:id:summer_tkhs:20160916150253j:image

 

***簡単な妊活経過***

 

2013年に結婚し

翌年頃からタイミングなど試みたものの妊娠せず

2016年1月より

本格的不妊治療(クリニックに通う)開始しました。

 

東京・世田谷の杉山産婦人科(2016年1月~3月)

杉山産婦人科 | 東京都 | 世田谷区 | 不妊治療情報センター・FUNIN.INFO/全国の不妊治療・病院リスト&i-wishママになりたい

大阪・難波のIVFなんばクリニック(2016年4月~)

不妊症・不妊治療の専門クリニック | IVFなんばクリニック

 

2016年4月、夫の大阪転勤により

クリニックを転院、不妊治療を継続。

 

東京の杉山産婦人科で人工授精を2回実施するも妊娠せず、

引っ越し先の大阪で最もポピュラーな(検索で常にトップに上がる)

IVFクリニックへ。

大阪院と、なんば院がありますが

初診予約時の混雑の関係でなんばに行くことになり

そのまま継続してなんば院にお世話になっています。

 

諸々の検査などの後

体外受精(顕微授精・ICSI)に決定。

2016年8月、採卵。

成熟卵子8つ採卵、受精卵5つ。

卵巣過剰刺激症候群のため、全胚凍結。

 

胚移植

 

2016年

①回目

10月・胚盤胞(着床せず)

②回目

11月・胚盤胞(妊娠・胎嚢確認→7w0dで流産)

 

2017年

③回目

4月・胚盤胞(妊娠中。12月出産予定)

 

 

**********

 

私がなかなか妊娠しない原因をはじめ

病院の選び方、2つの病院での診察状況、

私たち夫婦の検査結果、処方薬、費用、

なぜ体外受精を決めたのか、

メンタル、パートナーシップなどなど

 

つらつらと書いていこうと思います。