体外受精で出産☆33→34歳新米ママ☆東京・大阪

体外受精(顕微受精)で2017年12月出産しました☆33→34歳転勤族妻の妊活・育自日記@東京・大阪

【不妊治療、がんばってよかった】

 

生後2ヶ月を過ぎました。

 

f:id:summer_tkhs:20180227161134j:image

 

笑ったり、喃語で話したり、

可愛いが止まらないです😍

 

 

1ヶ月検診では

先天性代謝異常など

検査結果は問題なしでした。

 

 

おっぱいを飲むのも

おしっこやうんちの排泄も

順調そのもの。

 

 

体重増加も順調。

 

 

f:id:summer_tkhs:20180227164603j:image

2017年4月1日に胚移植したときの写真。

 

 

採卵が2016年の8月だったから

8ヶ月も凍結されていただなんてねー。

しげしげと見てしまうこともあります。

 

 

現代医療の力と

人間の身体の力

本当に感動。

 

 

この子が

泣くたび

笑うたび

おっぱいを飲むたび

すやすやと眠るたび

 

 

奇跡が目の前にあるんだなぁって

涙が流れます。

 

 

あ、

24時間キレイな涙を

流してるわけではないですよ。

 

 

寝不足と肩こりと腰痛と

手指の乾燥と・・・

しんどい時もあります。

 

 

でも

 

 

ぎゅーって抱きしめると

温かい奇跡に触れられる。

 

 

なかなか妊娠しなくて

色んなこと我慢して

時間とお金をかけて

やっと目の前に来たから

 

 

『あぁ、がんばってよかった。』

 

 

出産して2ヶ月以上経った今でも

ほろほろと泣いています😭

 

 

幸せって

こういうことを言うんだなぁ。

 

 

なかなか授からず

悩みながらがんばった人にしか分からない

深い喜びって

あると思います。

 

 

更新がご無沙汰なので

いまの気持ちをつらつらと書きました。

 

 

また、備忘録的にですが

娘の成長を記していきたいと

思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【産まれました!】

 

久しぶりの更新になってしまいました。

 

 

先日、元気な女の子を出産しました。

 

f:id:summer_tkhs:20171231072655j:plain

 

 

母子ともに健康です。

入院中にわかる検査結果

(黄疸や聴力検査)

は全て正常。

 

 

顕微授精で授かった我が子。

 

 

昨年8月に受精し

凍結され

今年4月に胚移植

12月に誕生しました。

 

 

なんだか不思議な、

自然と涙が溢れてくる

気持ちです。

 

 

これからも

娘の成長を記していきたいと思います。

 

 

 

気づけば今年最後の日ですね

年末年始感ゼロの年越しです(笑)

 

 

みなさま、良いお年をお迎えください。

 

 

 

 

 

【体外受精にかかったお金まとめ】

 

だいぶ更新があいてしまいましたー。

現在、妊娠8ヶ月に入り

順調にマタニティーライフを過ごしています。

 

 

体外受精にかかったお金を

まとめてみました。

 

f:id:summer_tkhs:20171004155728j:image

 

 

結論を先に書きます。

IVFなんばクリニックへのお支払い総額

1,619,620円

です。

 

f:id:summer_tkhs:20171004155710j:image

 

 

私は約1年半、2つのクリニックで

人工授精2回

体外受精(顕微授精)

  -採卵1回

  -凍結胚移植3回

流産手術1回

 

 

をしていますが

上記金額に

1つ目のクリニックでかかったお金

(初期の検査代と人工授精)

は含まれていません。

おそらく20万円弱だったと思います。

 

 

なので

私の不妊治療費はトータルで

約1,800,000円

ということになります。

 

 

下記、内訳です。

 

 

まず、採卵   薬代等込み

f:id:summer_tkhs:20171004160059j:image

 

318,820円
採卵できた数によって
金額が変わるんでしたっけ・・?
ちょっと定かではないですが
私の場合、採卵したのは8個でした。

 

 

1回目の胚移植   薬代等込み

(アシストハッチング有り)

f:id:summer_tkhs:20171004160411j:image

 

177,780円

 

 

2回目の胚移植   薬代等込み

(アシストハッチング無し)

f:id:summer_tkhs:20171004160623j:image

 

145,790円

 

 

3回目の胚移植   薬代等込み

(アシストハッチング有り)

f:id:summer_tkhs:20171004160749j:image

 

178,190円

 

 

こんな感じです。

 

 

領収書で大きな金額は

やっぱり採卵時と胚移植時ですが

 

 

その他に

採卵までの排卵誘発剤とか

胚移植までの薬とか

諸々かかってます。

 

 

 

領収書は

日付け順に並べて保管しておくと

計算するの楽ですねー。

 

 

あ、そうそう

IVFなんばクリニックの最後の診療明細に

なんか感動しました。

 

 f:id:summer_tkhs:20171010181523j:image

 

よーく見ると・・・

 

 f:id:summer_tkhs:20171010181527j:image

 

嬉しかったなぁ♡

 

 

 

 

背に腹はかえられぬ

ですよね。

 

 

 

少しでも、どなたかのお役に立ちますように。

 

 

 

 

 

 

【妊娠=出産ではないから】

 

今日は

2017年8月7日。

 

f:id:summer_tkhs:20170807142935j:image

 

流産した子の出産予定日でした。 

 

 

今、妊娠6ヶ月で

日々力強くなっていく胎動を感じ

幸せだな〜♡

と、脳内お花畑状態ですが

 

 

あなたが来る前に

お姉ちゃんがいたんだよ、

知ってるかな?と

お腹の子に話したりもしています。

 

 

f:id:summer_tkhs:20170807144143j:image

 

 

妊活中、1番困難に感じた時でした。

精神的にも肉体的にも

『痛かった』。

 

 

何度も

流産を経験される方も

いらっしゃるんですよね

身につまされます。

 

 

安定期に入ってからや

臨月まで健康妊婦だった方の

流産や死産、周りにいます。

 

 

 

妊娠=出産ではないから。

 

 

 

自分自身とお腹の子の

力を信じて

今できることを、ひとつずつ

大切にしていこう。

 

 

今日はマタニティピラティスからの

速読教室の予定だったんですが

台風が接近中で

速読教室が休講になり

ピラティス後は

おとなしく家に帰ってゆっくりしています。

 

 

f:id:summer_tkhs:20170807143454j:image

 

流産手術して染色体検査に回され

お空に帰った女の子。

 

 

忘れてないよ〜。

 

 

 

【感謝とご報告】

2017年4月に3回目の胚移植

(凍結胚・胚盤胞

した結果

着床、胎嚢確認、胎芽確認、心拍確認でき

5月9日に8週でIVFなんばを卒業しました。

出産は12月です。

 

f:id:summer_tkhs:20170717133830j:image

 

2016年1月〜の通院から

約1年5ヶ月の妊活

2度の人工授精

3度の体外受精

1度の流産などを経て

とても嬉しいのと同時に不安もあります。


でも今はすごくハッピー(╹◡╹)♡


このブログでの妊活日記を読んで
コメントをくれたり
気にかけてくれたり
アドバイスくれたりした皆さん
本当に、ありがとうございます(´༎ຶོρ༎ຶོ`)


リアルで・ネットで
同じように頑張っている人が居ること
応援してもらえること
とても心強かった。

 

f:id:summer_tkhs:20170717134022j:image

IVFなんば卒業時にいただいたキューピー)

 


出産・育児についてや
今後の仕事のこと・・・
たくさん本を読んでいる中で
もっとスピーディーに
インプットする必要性を感じ


最近は、せっせと速読教室に通って
動体視力を鍛えている妊婦です(笑)

 

f:id:summer_tkhs:20170719110643j:image


生まれるまでも生まれてからも
何があるか分からないけど
これからの自分にワクワク♡

 

 

ここまでの治療について

まだ書けていないこと

(薬についてや、いくらかかったか、など)

を含め

 

 

今後は出産までの準備していくことも

マイペースに更新していきます。

 

 

 

 

まだ、妊活日記は終わりではありません。

 

 

無事に母子ともに元気に出産を迎え、

子どもの様子も

記していこうと思います。

 


 
 

【流産手術→染色体検査結果】

 

2回目の胚移植が7週で流産となり

(詳細はひとつ前の記事へどうぞ)

流産の原因が
受精卵にあるのか・ないのかが分かる
染色体検査の結果が

手術の約1ヶ月後に出ました。

 

f:id:summer_tkhs:20170610014521j:image

 

検査結果は
染色体異常あり : トリソミー2

 

1番から22番までの染色体は
父・母それぞれから1本づつの
2本が正常なところが


上段左から2番目の染色体は
3本。


2番染色体が3本だから
『トリソミー2』。

 

f:id:summer_tkhs:20170610014625j:image

 

3本になってしまうとか
逆に1本になってしまうとかいうことは
細胞分裂の際に起こりうる現象で

 

流産の原因の6割くらいは
染色体が1本多いことによるもの
なんだそう。

 

1時間半、遺伝の専門家という方から
説明を聞いたので
染色体とか遺伝子とかに
結構、詳しくなりました。

 

f:id:summer_tkhs:20170610014710j:image

 

人間は皆、
この染色体や
染色体の中に入っている遺伝子から
スタートしている。

 

受精卵の写真とか


胚移植の時に
身体の中に受精卵が入っていくのを
超音波で見せてもらったりした時も

 

思ったけど

 

 

神の領域。

 

 
で、
X染色体が2本なので
女の子だったそうです。

 

 

 胎嚢確認時の出産予定日は
8月7日でした。

 

私の(仲の良くない)母の誕生日。

 

8月7日と聞いた瞬間
診察室で
「うわー・・・

365日もあるのに

どうしてドンピシャなの・・・」。

 

 

気配だけで
すぐさま空に帰った娘。



どんな子だったんだろうな。

 

 

f:id:summer_tkhs:20170610020116j:image

 

しばらく後に読んだこの本。

流産や死産、中絶でさえも

子どもは

(生まれてこれないことを)分かっている。

お腹の中に宿ったことを

小旅行気分で楽しんで

空に帰っている。

 

 

という内容を読みました。

 

 

非科学的、スピリチュアルな内容なので

怪しいかもしれませんが

 

 

お母さんを選んで生まれてくる、

子どもはお母さんを助けるために生まれてくる、

など

『そんなことも、あるのかな』

と、楽しんで読むことができました。

 

 

 

 

 

【流産手術】

 

7w0dで流産確定した2日後

手術しました。

 

 

その当日の流れ↓

 

 

 

いつも診察してもらう台で

超音波でチェックして

 

 

f:id:summer_tkhs:20170511182620j:image

 

 

やはり赤ちゃんが見えないこと

育ってないことなどを確認。

 

 

膣内を広げる目的で

ラミセルっていう

棒状のスポンジみたいなのを

ここで入れるんですが

それが生理痛的で

ちょっと痛かった・・。

 

 

ラミセルをいれたまま

Cロビーを通って移動。

採卵や胚移植の時と同じように

ベッドのある個室(リカバリールーム)で

ガウンに着替え

軽い生理痛みたいな鈍痛が続く中

1時間ほど待ちます。

 

 

その後

処置室で心電図と点滴(←採卵前と同じ)

をし、手術室へ。

 

 

手術室は採卵・胚移植の部屋の

隣です。

 

 

腰の位置を調整しつつ

台に寝かされ

右手の人差し指に

センサーみたいなのを付けられ

鼻から酸素のチューブをあてられ

(これも、ほとんど採卵と同じ)

 

 

その間に先生が

1時間前に挿れた

スポンジを取り出したり消毒したり。

 

 

麻酔が入れられ(採卵と同じ)

ちょっと恐怖を感じて

身体もこわばっていたな。

 

 

多分、麻酔が効くのに

時間かかったと思う。

先生、薬追加していたし。

これは採卵の時とは

全然、違う。

 

 

怖かったから

先生たちを信頼する、

赤ちゃんは戻ってくる、

と自分に言い聞かせて・・

 

 

 

気づいたら終わってました。

 

 

 

台の上で声をかけられ、気づいた時は

生理痛みたいなお腹の痛み。

ストレッチャーに乗せられ

リカバリールームに移動して

寝かせてもらいます。

 

 

 

うっすらの意識の中で

ああ、終わったんだな。。涙

みたいな感情が

湧いてきたのを覚えています。

 

 

f:id:summer_tkhs:20170511183534j:image

 

 

麻酔が切れるまで数十分。

snowで自撮りする余裕はあり。

(クリスマスシーズンだったので

サンタバージョン)

 

 

 

その後

看護師さんに見守られながら

トイレに行きます(歩行確認)。

 

 

事前に聞いてはいたけど

トイレで結構出血していて

びっくりしました。

 

 

手術の直後にナプキンをつけるのですが

ずっと横になっていたからか

そのナプキンは少々の血がついていただけ。

 

 

でもトイレの便器は真っ赤。

立ち上がったら

ポタポタポターーーっと。

 

 

この時、腹痛はほとんどなし。

生理でもないのに

こんなにお尻から血が出るなんてー。

とか思いつつ

ナプキンを替えて

トイレを出ます。

 

 

リカバリールームで着替えをして

看護師さんから

染色体検査の結果は約1ヶ月後

という説明を受け

冊子をもらったら

帰れます。

 

f:id:summer_tkhs:20170511184932j:image

 

 

流産した方に渡されるものみたい。

自分を責めないで 的なことが

書いてありました。

 

 

f:id:summer_tkhs:20170511185032j:image

 

 

会計を済ませ

薬をもらって。

 

 

f:id:summer_tkhs:20170511190102j:image

 

 

今まで

子宮の収縮を抑える薬を飲んでいたのに。 

 

 

子宮も忙しいわー。

 

 

 

この日は

麻酔をするので

すっぴん

ネイルNG

コンタクトNG

空腹状態。

採卵の時と同じです。

 

 

帰ったら

ホッとしたのか

すごくお腹が空いて

焼肉弁当をガッつきました。

 

 

残念ではあったけど

手術が無事に終わって安心したのと

染色体検査の結果が心配なのと

これから丸2ヶ月、治療はお休みなので

どう過ごそうかなど

考えていました。

 

 

私はこの期間に

ウォーキングしたり

ホットヨガしたり

ファスティングしたり

身体を整えようと動きました。

 

 

出血の方は

ナプキンはつけてないとダメだったけど

手術の翌日の

洗浄と診察の時には

おさまっていました。